7月7日は七夕ですね。 七夕と言えば、有名な伝説ですね。 これは、中国からの由来が起源とされており、 織り姫「琴座のベガと呼ばれる〈織女〔しゅくじょ〕星」は縫製の仕事を、ひこぼし「鷲座のアルタイルと呼ばれる〈牽牛〔けんぎゅう〕星〉」 は農業の仕事を司る星とされていました。 この2つの星は、1年に1度、7月7日に天の川を挟んで最も光り輝くことから、この日を巡り合いの日として七夕のロマンチックなお話が 作られました。 もう1つ、「七夕にそうめんを食べる」という由来があります。 そうめんのルーツは中国伝来の〔索餅〈さくべい〉〕という小麦料理だと言われています。 古代中国に〔7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる〕という伝説があり、 奈良時代に索餅が日本に伝えられると、宮中行事に取り入れ一般に広がっていきました。 やがて索餅はそうめんへと変わり、七夕にそうめんを食べるようになったんですね。 道の駅三滝堂では、そうめんは扱ってはないのですが、野菜温麺はございますので、 是非、無病息災を願い今晩の夕食にいかがですか。 温麺は冷たいつけつゆでも大丈夫ですよ!(^^)! ちなみに、乾しいたけの日でもありますので、ご一緒にいかがでしょうか。